CCMC2020 Tokyo

CCMC2020公募作品ACSM116賞、FUTURA賞、MOTUS賞発表

CCMC2020公募入選作品コンサートはコロナウィルスの影響で中止となりましたが、今回はACSM116運営委員会の了承を得て、特例的にCD審査のみで受賞作品が選ばれました。
ACSM116賞】審査委員長水野みか子氏授与
       Massimo Vito Avantaggiatoさん作曲
                                          「
A NAZAIRE
FUTURA賞】ドニ・デュフール氏授与
       阿部睦美さん作曲「ある夏の日録」
MOTUS賞】ヴァンサン・ロブフ氏授与
       田代啓希さん作曲Sai no Niwa

Lauréats du CCMC2020
Le concert CCMC2020 a été annulé à cause du COVID-19 (Coronavirus). Exceptionnellement et avec l’accord des membres de l’Association, il a été décidé de sélectionner les Prix à partir des CD :

Le Prix ACSM116, décerné par le président de jury Mikako MIZUNO, est attribué à Massimo Vito AVANTAGGIATO pour “A NAZAIRE”
Le Prix FUTURA, décerné par Denis DUFOUR, est attribué à
ABE Mutsumi pour Aru Natsu no Nichiroku
Le Prix MOTUS, décerné par Vincent LAUBEUF, est attribué à
TASHIRO Hiroki pour Sai no Niwa”

The CCMC2020 Winners
The concert CCMC2020 scheduled on March 8, 2020, has been unfortunately canceled due to COVID-19 (Coronavirus). Exceptionally the prizes have been chosen with the agreement of members of ACSM116 Association by CD listening:

The Prize ACSM116, awarded by the president of jury Mikako MIZUNO, is attributed to
Massimo Vito AVANTAGGIATO for “A NAZAIRE”
The Prize FUTURA, awarded by Denis DUFOUR, is attributed to
ABE Mutsumi for “Aru Natsu no Nichiroku ”
The Prize MOTUS, awarded by Vincent LAUBEUF, is attributed to
TASHIRO Hiroki for “Sai no Niwa”

Video messages from MM. Denis Dufour & Vincent Laubeuf:
FUTURA賞、MOTUS賞を授与してくださったドニ・デュフール氏、ヴァンサン・ロブフ氏よりビデオメッセージが届いております。

【ドニ・デュフール氏メッセージ】
こんにちは。
ACSM116の公募に寄せられた作品を大変うれしく聴かせていただきました。作品の多くは完成度が高く、個性的でした。
半数以上の曲はどんな美学的見地のものであれ、明快できちんと構成され、首尾一貫しており、非常に抽象的な作品から、詩的傾向があるもの、説明的なものや寓話的な作品などがありました。複数の作品に共通していたのは日本の伝統音楽や楽器を取り入れていたことです。さらに、液体の要素、つまり大洋、水滴、波、雨、ひたひたする音といった要素を好む傾向が全般的にありました。コンサート会場で作品が聴いてもらえないことは誠に残念です。今後、みなさんに聴いてもらえる機会があることを期待しています。
それではFUTURA賞の発表に移ります。熟慮の末、選んだ作品は阿部睦美さんの「ある夏の日録」です。抽象的な作品ですが寓話的なサウンドも多く用いられています。組み立ては直截にして明快、よくこなれており、形式の構成も上手です。おめでとうございます。
他に2つ、気になった作品を挙げます。ひとつは田代啓希さんの作品です。書法、ミキシング、空間構成と形式のいずれにも大変習熟しており、回帰するモチーフが耳を誘います。素材も変化に富んでいます。もうひとつは松隈ナギサさんの作品です。とても短いながらもシンプルな構成をうまく活かしてまとまっています。
みなさんにはおめでとうと申し上げたい。今年は全体的にクオリティが高く、レベルがそろっていました。それではさようなら。また近いうちにお目にかかれますように。

 

【ヴァンサン・ロブフ氏】
みなさん、こんにちは。
今年度のコンクールに寄せられた作品を聴くことができて嬉しかったです。高いレベルであったと思います。
全体的に形式がしっかりしており、音のクオリティーも高く、とりわけミキシングが良かったです。また、逸話的であったり抽象化したり、その双方を繊細に行き来したりするアプローチの多様性にも注目しました。抽象的なところの音楽語法は形式的に均整が取れていました。逸話的なところでは文化的影響を感じる色彩感を興味深く感じました。こうした文化的影響は興味深い。ですがこの色彩にひきずられてしまわないよう、しっかりと自分の案に集中してください。
それではMOTUS賞の発表に移ります。私は今年度、田代啓希さんの作品「Sai No Niwa」を選びました。繊細な書法、作品の一貫性、着想を上手に展開していることなどを評価します。他に優れていると思った作品を2つ挙げます。ひとつは福村帆乃香さんの[Masking」で、短い作品ですが音色が郷愁に満ちており、形式の展開がよくできています。もうひとつは馮博-FENG BOさんの「もしかして、」で、とても詩的な音楽です。
いずれの作品もコンサートで聴くに相応しいことを思うと、とても残念です。今年度の参加者の皆さん全員におめでとう、と申し上げます。今回選に漏れた方でも、モチュス-Saison Motusやフュチュラ音楽祭-Festival Futuraへ作品を送ってくださって構いません。公募がなくても私に送っていただければ聴かせていただきます。場合によっては、コンサートにプログラムすることもありえるかもしれません。ごきげんよう。また近いうちにお会いしましょう。

CCMC2020開催中止について

今年に入りまして新型コロナウィルスの感染状況を注視してまいりましたが、感染は拡大の一途を辿っており、感染源の特定できない症例が増えております。

このような事態を受けて共催のアンスティチュ・フランセと協議した結果、開催を中止することで合意に至りました。

コンサートの性質上、閉め切った空間の中で一定時間を過ごすことが予想されるため、出演者や来場者、スタッフの安全を優先した結果でございます。

開催直前の決定になりましたこと、深くお詫びいたします。

また公募作品に関しましては、今回に限り特例的にCD審査で各賞を選出いたします。賞の発表に関しましては決まり次第、こちらのサイトやSNSなどで発表させていただきます。

CCMCを開始して以来、このような形で開催中止になるのは初めての事態で、スタッフ一同大変無念な気持ちで一杯です。

コンサートを楽しみにしてくださっていた皆様には重ね重ねお詫び申し上げます。

この件に関するお問い合わせはACSM116事務局までお願いいたします。
mail : acsm116@gmail.com

 

CCMC2020
Contemporary Computer Music Concert
マルチ・チャンネル・スピーカー・オーケストラによるアクースモニウム・ライブ
Concert diffusé par l’orchestre des haut-parleurs / Acousmonium-Live

日時:2020年3月7日(土)8日(日)
@アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
Les 7 et 8 mars 2020 à l’Espace Images de
l’Institut français du Japon-Tokyo
〒162-8415東京都新宿区市谷船河町15 Tel.03-5206-2500

主催:アンスティチュ・フランセ日本、音と音楽・創作工房116(ACSM116)
協力:MOTUS、甲斐の匠おだぎり
Organisé par l’Institut français du Japon, ACSM116
En collaboration avec MOTUS, Kaï no Takumi Odagiri

【プログラム Programme】

2020年3月7日(土)アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
Samedi 7 mars 2020 à l’Espace images de l’Institut français du Japon-Tokyo

15:00 第1部 アクースモニウム・ライブ・コンサート1 Concert Acousmonium-Live 1
成田和子/NARITA Kazuko 葛西聖憲/KASAI Masanori山本雅一/YAMAMOTO Masakazu 渡辺愛/WATANABE Ai 石上加寿也/ISHIGAMI Kazuya

16:00 第2部 アクースモニウム・ライブ・コンサート2 Concert Acousmonium-Live 2 岡本久/OKAMOTO Hisashi 大久保雅基/OHKUBO Motoki 平野砂峰旅/HIRANO Saburo 高橋哲男/TAKAHASHI Tetsuo 林恭平/HAYASHI Kyohei

17:00 第3部 アクースモニウム・ライブ・コンサート3 Concert Acousmonium-Live 3
菅谷昌弘/SUGAYA Masahiro檜垣智也/HIGAKI Tomonari 川島大輔/KAWASHIMA DaisukeRAKASU PROJECT.有馬純寿/ARIMA Sumihisa

18:00 第4部 アクースモニウム・ライブ・コンサート4 Concert Acousmonium-Live 4
高野大夢/TAKANO Hiromu かつふじたまこ/KATSUFUJI Tamako 仲條大亮/NAKAJOH Daisuke 仲井朋子/NAKAI Tomoko 坂野伊和男/BANNO Iwao

19:00 第5部 アクースモニウム・ライブ・コンサート5 Concert Acousmonium-Live 5 柴山拓郎/SHIBAYAMA Takuro 由雄正恒/YOSHIO Masatsune 森威功/MORI Takeyoshi 足本憲治/ASHIMOTO Kenji 森田信一/MORITA Shinichi 宮木朝子/MIYAKI Asako

20:15 第6部 アクースモニウム・ライブ・コンサート6 Concert Acousmonium-Live 6 招待作曲家:水野みか子/MIZUNO Mikako

2020年3月8日(日)アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
Dimanche 8 mars 2020 à l’Espace images de l’Institut français du Japon-Tokyo

15:00 第1部 公募入選コンサート1 Concert 1 “Œuvres sélectionnées par CCMC2020” 松下未来/MATSUSHITA Miki 田代啓希/TASHIRO Hiroki 福村帆乃香/FUKUMURA Honoka 松隈ナギサ/MATSUKUMA Nagisa 山本正子/YAMAMOTO Masako

16:00 第2部 公募入選コンサート2 Concert 2 “Œuvres sélectionnées par CCMC2020”
マッシーモ ヴィト アヴァンタジアット/Massimo Vito Avantaggiato 海日娜/HAI Hina 馮博/FENG Bo 田中敬一/TANAKA Keiichi りーるとぅりーる/Reel-to-Reel

17:00 第3部 公募入選コンサート3 Concert 3 “Œuvres sélectionnées par CCMC2020” 藤井紀彦/FUJII Norihiko 白井佐智子/SHIRAI Sachiko 松本実樹/MATSUMOTO Miki 新美術/NIIMI Toru 阿部睦美/ABE Mutsumi

18:00 第4部 アクースモニウム・ライブ・コンサート7(招待作品)Concert Acousmonium-Live 7 ドニ・デュフール/Denis DUFOUR ヴァンサン・ロブフ/Vincent LAUBEUF

19:00 第5部 「MOTUS賞」「FUTURA賞」「ACSM116賞」の発表と授賞式 Remise des Prix 審査委員長 Président de Jury : 水野みか子/MIZUNO Mikako

【会 場】
アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ 〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15 Tel.03-5206-2500 Fax.03-5206-2501 www.institutfrancais.jp/tokyo/

【チケット】
会員・学生 / Membres et Étudiants
一日券 / pour 1 jour:¥1 000
二日通し券 / pour 2 jours:¥1 500
一般 / Non-membres
一 日券 / pour 1 jour:¥1 500
二 日通し券 / pour 2 jours:¥2 500
※チケットに関しては共催者のアンスティチュ・フランセ・東京がPeatix上で発売する予定です。発売情報等入りましたら順次情報更新いたします。

【審査委員長/Président de Jury】
水野みか子先生 

作曲と音楽学の分野で活動。「現代音楽における空間性」をテーマとする論文で博士(工学)号取得。作曲作品は電子音響音楽、室内楽、管弦楽など幅広いジャンルに渡っており、国内外の音楽祭や劇場で多数演奏されている。最近では、 ICMC2017/2018/2019、ACMP2018 /2019、 WeiWuYing台湾国立芸術センター開館記念演奏会への出演 (2018)のほか、北京中央音楽院のMusicacousticaをはじめ国際音楽祭等でマスタークラスを実施(ランス地方音楽院、台湾国立交通大学 WOCMAT)、あいちトリエンナーレ公募公演企画・参加(2013/2019)、セントラル愛知交響楽団委嘱新作初演、「東アジアの電子音響音楽」(英語、共著,2019)の出版などがある。2016年ソルボンヌ大学客員研究員。日本電子音楽協会会長、先端芸術音楽創作学会運営委員、芸術工学会理事、名古屋市立大学大学院芸術工学研究科教授。アジア電子音響音楽研究会EMSANや日本、フランス、台湾を結ぶ電子音響音楽若手コンクール petites formesのステアリングメンバーであり、2017年には国際電子音響音楽研究大会EMSを名古屋で開催し実行委員長を務めた。

Mikako MIZUNO
Composer/musicologist.Dr.of Engineering with the theme <Space Concept in the Contemporary Music>. The pieces, covering from electroacoustic music to orchestra, were premiered in France(Paris,Reims,Bourges), Austria(Salzburg, Vienna), Hungary(Budapest) , Germany(Cologne,Berlin), Italy(Venice, Alba,Uddine), Republic of Moldva, China(Shanghai, Beijing),Taiwan(Hisinchu,Kaohsiung)and several cities of  U.S. and Japan. Committee member of JSSA, EMSAN(Electroacoustic Music Studies of Asian Network),Petites Formes, ,SDA(Society for Design and Art), Nagoya Philharmonic Orchestra, AichiTriennnale. President of Japanese Society of Electronic Music(JSEM). Prof.of Nagoya City University. Co-organizer for EMS2017(Nagoya).

【CCMC2020入選作品】
ダウンロードはこちらから⇨CCMC2020 selected works

CCMC2020入選作品/CCMC2020 selected works
作品名  氏名
A NAZAIRE Massimo Vito Avantaggiato
露華の影 海 日娜
Timescope 松下 未来
Sai No Niwa 田代 啓希
ある夏の日録 阿部 睦美
共鳴する海岸 藤井 紀彦
Masking 福村 帆乃香
もしかして、 馮 博
ある少女の夢を見た 白井 佐智子
結界 ー畏れー 松隈ナギサ
abstract Ethos 田中 敬一
irritation 松本 実樹
バレエのレッスン 山本 正子
電車エレクトロニカ〜北千住 過去篇〜
第1部「機関車大活躍」
りーるとぅりーる
百鬼夜行絵巻 巻二 新美 術